サンマとゴボウの竜田揚げ丼

今日はサンマの竜田揚げ丼です。
ゴボウのかき揚げと一緒にいただきます。

材料:ご飯2人前、サンマ2匹、ゴボウ1本、海苔
調味料:酒、みりん、しょうゆ、麺つゆ、砂糖、黒胡椒、サラダ油、片栗粉

サンマを3枚におろします。
開いたサンマを購入しても簡単でしょう。

ゴボウの皮を包丁の背でこすってむきます。

ピーラーでゴボウを薄くむいていきます。

むいたゴボウは水にさらしてアクを抜きます。

キャベツを千切りにします。

サンマに塩胡椒をして片栗粉をまぶします。

サラダ油をひいてサンマを焼いていきます。
皮の方から焼いていきます。

7割くらい火が入ったら裏返して焼きます。

サンマが焼き終わったら、ゴボウに片栗粉をまぶします。

食べやすいように、小さいかき揚げを作っていきます。

揚げ終わった竜田揚げとてんぷらは、油を切っておきましょう。

残った油を捨てて、キャベツを炒めます。
黒胡椒で味つけします。

しなやかなキャベツ炒めを作ります。

水200ccに、酒、みりん、しょうゆ、麺つゆ、砂糖を入れて浸けタレを作ります。

強火で煮立たせて煮詰めます。

その間にご飯を用意します。
ご飯を盛りつけてもみ海苔をまぶします。

その上に炒めたキャベツを盛り付けします。

ゴボウのかき揚げ、サンマの竜田揚げの順に浸けタレで煮込んでどんぶりに盛り付けていきます。

最後に浸けタレを上から少量回しかけたて、完成です。


浸けタレは煮込んでとろみを出すので、あまり辛くならないように注意しましょう。
煮詰まってくるので、薄味程度にしましょう。
タレで柔らかくなったゴボウのかき揚げが最高です。
タレがゴボウのかき揚げとキャベツ炒めに掛かる位が適量ですが、タレの掛かったキャベツをご飯に混ぜていただくと、美味しいの一言です。
食べ進めると海苔が出てきます。
海苔で又感激します。
キャベツ、ゴボウのかき揚げ、サンマの竜田揚げと一杯のどんぶりで十分満足する一杯です。
記憶に残る一杯でした。

「いいね」を押して、友達と共有しましょう!。



 
記事を気に入ってもらえた方は「いいね」をお願いします。⇩⇩



広告

今月のベスト10